北海道でビールを嗜む女

北海道在住の主婦がビールの美味しさに覚醒めて色んなビールを飲んでみたくなっちゃったブログ

003 僕ビール君ビール

今回のビールは…


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210206121012j:image

僕ビール君ビール」 です。

 

またヤッホーブルーイングさんに頼ってしまいました…。

こちらのビールはオンライン販売以外ではローソン限定のようで、

私も近所のローソンに寄ったついでに買ってみました!

 

ビールのパッケージとは思えないくらい可愛いイラストですが、

(お子様が飲みたくなりそうなので、そこは注意ですね~)

グラスに注ぐとしっかりビールしてますね~。

 

色は他のビールと比べて明るめですね。

では飲んでみましょう!


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210206121101j:image

 

今回は「オホーツク産のほたて」をお供に昼飲みしちゃいます!!

 

まず、びっくりするのが香りです。

いままで嗅いだことのないビールの香り。

爽やかな柑橘系のような、ミントのような…。

スッと抜けるような香りで、飲んでみるとさらにびっくりしました。

 

マスカットの味がするんです。

 

もちろんマスカットは使われていません。

なぜこのようなビールなのかと調べると、

 

このビールは「セゾン」というビアスタイルで、

ベルギーやフランスではかつて、夏の農作業の合間に飲まれていたそうです。

柑橘やトロピカルな香りが特徴のホップを使っているので、

爽やかでゴクゴクと飲めるビールになっているんですね。

 

ビールのカクテルを思わせるほど飲みやすいので、

ビールが苦手な女性や、夏の暑い日にゴクゴクと飲みたい一品です!

 

僕ビール君ビールDETA

  • 製造者 ヤッホーブルーイング株式会社
  • ビアスタイル セゾン
  • アルコール度数 4.5%
  • 容量 350ml
  • 購入金額 294円
  • 購入場所 コンビニ(ローソン)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕ビール君ビールケース(24缶)
価格:7048円(税込、送料無料) (2021/2/6時点)


 


 

かなやのかにめし

ビールの紹介と同時進行で北海道の美味しいものを紹介していますが、今回は駅弁で有名なコチラの商品です。


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210130175137j:image

かなやかにめし」です。

 

北海道の長万部町にある「かなや」というお店で作られています。

長万部町は噴火湾沿いにある海に面した町です。

私は駅弁としては食べた事はなく、札幌から函館に向かう途中、国道5号線長万部町を通るのですが、その国道沿いにある「ドライブインかなや」でかにめしの出来たてをいただいた事があります。

現在はコロナ禍で団体のお客さんはなかなかいらっしゃいませんが、いつもは観光バスがたくさん停まっていて、とても賑やかなお店です。

今回はそのかにめしの冷凍をお取り寄せしました。

箱の中に入っているパッケージを袋ごとレンジでチンするだけでホカホカのかにめしを食べることができます。


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210130175223j:image

 

出来上がりの合図でレンジを開けると、中がカニの香りでいっぱいに!

袋ごと温めても大丈夫なようになっているので、手間がかからず、しかもパサつくことなくホカホカのかにめしが出来上がりました。

 

カニとご飯のバランスが良い上に、カニの味が濃厚な気がします。

なんでだろう?と思って調べたら、先に炒ってカニの香ばしさを引き出し、エキスを凝縮しているからなんだそうです。

 

気がつけばあっという間に完食してしまいました。

ビールのお供に食べていましたが、主食として食べるなら、もっと量があるといいな。

 

 


 

 

 

 

 

002 よなよなエール

やっと2回目のビール紹介がやってきました。

忙しいとね。なかなかね。時間が取れませんね。

でも自分のペースで楽しむことが目的なので、

イライラせずに続けていきたいです。

 

今回は、私が個人的に好きなビールを紹介したいと思います。


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210128182347j:image

よなよなエール」です。

 

長野県軽井沢町にあるビール製造メーカー「ヤッホーブルーイング」で作られている、

手軽にクラフトビールを楽しめるようになったきっかけのビールです。

 

いわゆる地ビールは日本にたくさんありますが、

その多くはお土産が目的といったものも多く(メーカーはそのつもりはないのかもしれませんが)、価格も正直お高めな物が多い気がします。

価格が高いということは、普段から気軽に飲めない=楽しめないということ。

 

しかし、ヤッホーブルーイングさんのビールは1缶200円台の物がほとんどで、スーパーやコンビニでも手軽に買え、しかもビールの種類が豊富にあるので全然飽きが来ません。

その日の気分でビールを選べるという楽しみがあります。


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210128182409j:image

 

今回は「かなやのかにめし」と共に、昼飲み開始です。

 

色は前回のサッポロクラシックと比べると、濃いめの琥珀色で香りは柑橘類を思わせる豊かな香りがする気がします。

 

 キレが良いというよりは、甘味やコク、苦みや香りが全体的に豊かで、ゆっくりと味わいたいビールです。味わいが豊かなのに飲みやすいので、女性でも楽しめるビールだと思います。

 

 

よなよなエールDETA

 

 


 


 

HORIのじゃがいもコロコロ

北海道に生まれ育って40年以上が経ちますが、それでもまだまだ食べていない北海道ならではの商品があったり、何度でも食べたくなるような商品もあったりします。

北海道は本当に広いので、海の幸山の幸が豊富。

そんな場所に生まれた私は幸せものだな〜。

 

そこで、やはり皆さんとその美味しさを共有したく、少しずつではありますが、北海道に縁のある商品を紹介していきたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、

ホリじゃがいもコロコロです。
f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210123190134j:image

 塩味です。

購入金額は410円。

 

ホリといえば有名なのが、お土産の定番、「夕張メロンピュアゼリー」なのですが、

私はメロンの加工品があまり得意ではなく、食べたのも一度くらいでした。

 

ところが、気が付けばこの「じゃがいもコロコロ」のCMがテレビで流れるようになり、食べてみたいと思いつつ月日は流れ、先日「コープさっぽろ」で買い物をしている時に見かけたので買ってみることにしました。

お土産屋さんやホリの直営店(オンライン)のほか、今回のように北海道のスーパーでも売られている場合があるようです。

ちなみにホリは砂川市という北海道の内陸にあります。札幌から旭川へ向かう途中にある町で、国道を中心にお菓子のお店が点在しており、「すながわスイートロード」と呼んで、スイーツの町としても有名です。

 

 

f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210123190150j:image

袋から出してみました。

見た目は普通のおかきのようです。

パリパリに揚げている昆布も入っています。

 

では一口。

 

かたさがちょうど良いですね。カリッというよりはサクッとしていて、顎が弱い私でも大丈夫です。これは美味しいな~。

もち米と一緒になっているからか、ポテトチップスのようなじゃがいもの味は正直あまり感じられませんが、じゃがいもって元々あまり主張しないものですよね。だから気になりません。

おかきの塩気はそんなに強くないのですが、昆布を食べると塩気の濃さに驚きます。

ビールが欲しくなるしょっぱさです。

おかき、おかき、おかき、おかき、昆布、ビール、おかき、おかき…。

のように、強い塩気が欲しくなったころに昆布を食べると良さそうです(笑)。

 

塩味のほかには、

があるようなので、いろんな味が楽しめますね。

 

お土産って甘いものが多いので、甘いものが苦手な方にはぴったりの商品だと思います。

あとは値段が手ごろなので、手土産やちょっとしたお礼に渡すのもアリかな~。

ビールのお供に手が止まらなくなる美味しさでした!

 

 


 


 

001 サッポロクラシック

 


記念すべき1回目のビール紹介をどの銘柄にしようかと悩みましたが、

北海道のビールといえばこれ!というものにしようと決めました。
f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210119130136j:image
サッポロクラシック」です。

北海道恵庭市の工場で作られていて、道外からの観光客の皆さんがお土産として買っていくために観光地でも売っていますが、普通に北海道のスーパーやコンビニで売っています。それくらい道民に親しまれているビールです。

 

もちろん味もとても良く、爽やかな香りと味わいで飲みやすいので、どんな料理やおつまみにも合います。北海道でお花見をする時はジンギスカンを食べる事が多いのですが、一緒にサッポロクラシックを飲んでいる方を多く見かける気がします。

 

ホッホクルツ製法

高温短時間仕込により麦芽本来の旨味を生かしたドイツ古来の醸造

私はまだ全然専門的な知識を得ていないので、詳しくはわからないのですが、麦芽本来の旨味が味わえるのはうれしいですね。

ちなみにホップは名品と呼ばれる「ファインアロマホップ」というものを使用しているそうです。

 

サッポロクラシックDETA

  • 製造者 サッポロビール株式会社
  • アルコール度数 5%
  • 容量 350ml
  • 購入金額 198円
  • 購入場所 コンビニ

 

今日はお供に「ホリじゃがいもコロコロ」で昼飲み開始!こちらの紹介は今度。


f:id:lovebeer_HOKKAIDO:20210119131906j:image

 

 

これからものんびりと国内国外問わず、さまざまなビールを紹介していく予定です。

主婦業もあるので、更新は不定期ですが、優しい目で見守っていただけると幸いです。

 

 


 

ごあいさつ

はじめまして。「麦」と申します。

北海道で生まれ育って40年余り。現在は主婦をしております。

元々お酒は好きだったのですが、最近ビールの美味しさに改めて気づき、

様々なビールを飲んでみたい。

飲むなら記録を残したい。

記録を残すならビールが好きな皆様と共有したい。

という思いからブログを立ち上げました。

ブログ経験が浅いため、なかなか読みづらい部分があると思いますが、

少しずつ慣れていこうと思いますので、

どうぞお付き合いください。